薄毛治療のひとつ・植毛

  • 薄毛治療のひとつ・植毛

    • 薄毛治療にはいろいろな段階が存在しており、その段階に適した治療を施行することが重要となっています。



      その中でも特に重度の段階に進んだ薄毛治療として利用されているのが植毛であり、名前の通り毛根を薄くなった頭皮に植え付けることで髪の毛を増やすという方法になっています。



      植毛には2種類存在しており、自分の髪の毛を植え付ける自毛と人工的な髪の毛を植え付ける人工毛があります。


      いずれにもメリットやデメリットがあり、薄毛治療で植毛を選択した際にどちらを利用するのかは患者が決めることが可能となっています。



      ただし頭皮や頭髪の状態によっては自毛を選べないという場合もあるため、選択する場合はできるだけ早い段階で決めることが大切になっています。



      そんな方法の中でも特に最近注目されているのが自毛であり、この髪の毛は最も抜け毛が発生しにくいとされている後頭部もしくは側頭部から抜き取られた毛根で培養されます。
      自分自身の髪の毛を移植することになるので副作用などは少なく、移植した際にも仕上がりが自然であることや植え付けた後は毛周期に合わせてサイクルを繰り返すようになるなど、最も自然な治療方法として利用されることが多くなっています。
      最近では薄毛治療の研究も進んできているため、自毛を含めた植毛自体も最先端の技術が日本に導入されるようになってきています。



      そのため、安心かつ安全に施行できるものが増えてきているので、悩んでいる場合はオススメの方法であると言えます。



  • 関連リンク

    • 薄毛治療の種類として植毛が挙げられます。自毛植毛がありますが、まず、脱毛症等の影響が無い髪の毛を選んで後頭部等、見た目にあまり影響が無い部分から取りますが、この時は皮膚から採取します。...

    • 頭髪が抜け落ちて量が減ってしまう薄毛はそのまま放置すると地肌がむき出しになってしまい、見栄えが悪くなることがあります。薄毛の進行は原因や体質によって個人差がありますが、頭髪の減少を食い止めるためには速やかに適切な薄毛治療を受けることが大切です。...